購入者の動的銀行明細書を送信することはできますか?

購入者の銀行の明細書に記載されている内容を自分で変更するには、購入者の動的な明細書を送信できます。

この機能は自動的に有効になります。

機能が有効になると、API 要求でshopperStatementオブジェクトを送信して、動的な説明を送信できます。

備考

  • すべてのアクワイアラーが購入者の動的銀行明細書に対応しているわけではありません。
  • 最大許容文字長は、スペースを含めて22文字です。
  • a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9またはスペース、特殊文字:, ' _ - ? + * /
  • 22文字より長い文字列を送信すると、発行銀行によって明細書が切り捨てられる可能性があります。

shopperStatementオブジェクトにプレースホルダーを含めて、さまざまな参照を行うことができます。例えば

  • 加盟店参照の${reference}
  • PSP参照の${pspReference}


なお、当社はこの情報を購入者の発行銀行に送信しますが、購入者の銀行明細書に表示する責任は負いません。最終的には、購入者の銀行取引明細書に表示される内容は、発行銀行が決定します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています