買い物客を拒否または信頼するにはどうすればよいですか?

RevenueProtectを使用している場合、取引ごとに不正スコアが付与されます。このスコアが100以上の場合、その取引は拒否されます。

特定の買い物客の不正スコアの計算方法を変更するには、その買い物客を拒否リストまたは信頼リストに追加します。買い物客を拒否リストに追加すると、その買い物客の不正スコアが増加します。買い物客を信頼リストに追加すると、その買い物客の不正スコアが減少します。

買い物客を拒否リストまたは信頼リストに追加するには、次の操作を行います。

  1. Customer Area > [Transactions(取引)] > [Payments(支払い)] に移動して、[PSP reference(PSPリファレンス)] をクリックして、リストに追加する買い物客の支払いを選択します。
  2. [Fraud Control(不正管理)] セクションを展開し、拒否または信頼する属性を選択します。
  3. [Block(拒否)] または [Trust(信頼)] を選択して、[Apply(適用)] をクリックします

注:APIリクエストを使用して、買い物客を拒否リストまたは信頼リストに追加することもできます。詳しくは、Referrals APIのリファレンスをご覧ください。

まだ行っていない場合は、リスクチェックスコアも適用する必要があります。これにより、不正スコアがどの程度増加または減少するかが決定されます。これを行う場合は慎重に行ってください。正しく行われないと、すべての支払いが拒否される可能性があります。

リスクチェックスコアを構成するには、次の操作を行います。

  1. Customer Area > [Risk(リスク)] > [Risk Profiles(リスクプロファイル)] に移動します。
  2. [Referral(参照)] で、前に構成した属性のリスクチェックスコアを設定します。

Screen_Shot_2017-12-13_at_17.13.30.png   

  • 買い物客を拒否するには、右側に正の値のスコアを追加します。これにより、拒否リストに追加されている買い物客の不正スコアがどの程度増加するかが決定されます。買い物客の不正スコアが100を超えると、取引がブロックされます。
  • 買い物客を信頼するには、左側に負の値のスコアを追加します。これにより、信頼リストに追加されている買い物客の不正スコアがどの程度減少するかが決定されます。

参照の詳細については、拒否リストと信頼リストをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
13人中3人がこの記事が役に立ったと言っています