返金とチャージバックはAdyen for Platformsでどのように管理および控除されますか?

分割情報が指定されていない場合、全額返金は元の分割に従って処理されます。つまり、分割された金額はすべて完全に返金されます。

例えば、100ユーロの支払いを10ユーロと90ユーロの2回に分けて2つのサブ加盟店アカウントに支払う場合:

- 分割情報が指定されていない状態でこれが全額返金された場合、Adyenはこれらの同じアカウントから10ユーロと90ユーロを差し引きます。

- API呼び出しで分割が指定されている場合、払い戻しの合計額が元の支払い金額より少ない場合を含め、分割に従って払い戻しが処理されます。これが「一部返金」です。

- 分割情報なしで一部返金が要求された場合、プラットフォームの債務を負うアカウントから資金を取り込んで返金を処理し、元の支払いの分割で指定されたアカウントからは何も取り込みません。


チャージバックについても同様です。

チャージバックが元の支払いの全額である場合、Adyenは元の分割に応じてサブ加盟店のアカウントから資金を差し引きます。ただし、チャージバックが部分的なものである場合は、代わりに債務を負うアカウントからチャージバック額が徴収されます。また、チャージバックが元の金額と同じであるかどうかにかかわらず、債務を負うアカウントからチャージバックが行われるように設定することも可能です。この設定をご希望の場合は、Adyenサポートにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
19人中2人がこの記事が役に立ったと言っています